散骨の行う為に

散骨の行う為に

散骨の場所

故人の願いに従い散骨を行う際、いくつか守るべきルールがあります。
 一つは「墓地・埋葬等に関する法律」に定められている、「焼骨の埋葬は、墓地以外区域にはしてはならない」というルールです。
これは骨を墓地以外の場所に埋めてはならないという意味なので、散骨の際も骨をパウダー状にして土の中には埋めないようにします。
 もう一つは世間的な問題です。
残念ながら日本では他人の骨の存在をあまりよく思いません。
そのため他人所有の地・川・海水浴場・港などで行うと風評被害等で近隣住民から訴えられる恐れがあります。
 これらのことから、散骨できる場所は以下の通りとなります。
・自分が所有している山
・自分が所有している土地
・業者が散骨上として許可を得ている場所
・沖合で漁場から離れている海
 なお、これらの所で行う場合も業者が許可を得ている所以外は周囲に影響はないか、近隣住民からの許可を得ているかが問題となります。
大切な人を送る儀式だからこそ、周りにも配慮して行いましょう。

散骨の料金

散骨という方法を選ぶ方が増加傾向にあります。
核家族化が進んでいる事が理由として挙げられますが、一般的なお墓を所有して管理する方法に比べると安価であるという点も選ばれている理由の一つです。
ただし、請求される料金は複数ある方法において異なるのでしっかりと理解しておく必要があります。
最も安価に済ませられる散骨の方法は委託という方式です。
散骨と言えば、誰もが船に乗って海洋で撒くという様子をイメージするものですが、委託の場合は遺族であっても船には乗りません。
業者が代わって撒くという方式です。
遺族が携わることはできないものの、費用を抑えることができるためニーズが高いです。
実際に目で見て確認することができないので不安になってしまうものですが、しっかりと行われた証明として書類や写真を頂く事が可能です。
業者に委ねた場合は5万円前後が相場とされており、通常の散骨よりも15万円から25万円程度安くなっています。

Valuable information

葬儀 阪南

2017/9/6 更新

ページの先頭へ

COPY RIGHT (C) 散骨の行う為に